HOME>特集>現場経験を活かして新しい職種にチャレンジできる

経験を活かせる新しい職場も見つかる

建築系の施工管理の仕事に従事していた人が転職をする場合、それまでの経験をそのまま活かすことが出来る施工管理系の仕事に従事する方法と、全く違った職種にチャレンジする方法があるでしょう。全く違う仕事でも、建築系の業務であれば、経験を活かして働くことが出来るので、やる気次第では十分に活躍することが出来ます。施工管理の経験を必要としている職場の種類もかなり多いので、転職支援サイトのエージェント担当者などに相談をしてみると、自分が知らない新しい仕事を紹介してくれることもあるでしょう。

経験を活かして即戦力で働ける職場も多い

施工管理経験が豊富な人は、施工費のコスト管理や現場の技術上の問題解決力などを十分に備えていることが多いので、設計や企画系の仕事でもスキルを活かすことが可能です。また、積算などの仕事でも建築の現場の納まりの知識が非常に役だつことになるので、施工管理スキルを持っている人の転職は歓迎されることが多いです。施工管理の仕事をしていた人が、同じような職種に応募をする場合、これまで以上に難しくて大きなプロジェクトに携わることが出来る職場を見つけるとさらにスキルを上げることが出来ます。基礎的な施工の業務知識を持っている人であれば、人手が足りない会社などでは即戦力として現場の中心に入ることが出来る様になることでしょう。